• 印刷する

CB保険とタイライフ、「CB生保」を始動

ミャンマー金融大手、協同組合銀行(CB)傘下のCBインシュアランスは5日、タイのタイライフ・インシュランスとの合弁会社「CBライフ・インシュアランス」の事業開始を記念した式典を開催した。タイライフには、明治安田生命が15%出資している。ミャンマー・タイムズ(電子版)が7日伝えた。

タイライフは、新会社にミャンマーの会社法で現地会社として認められる上限に当たる35%を出資する。残り65%はCBインシュアランスが保有する。

CBライフ・インシュアランスのキン・マウン・エー会長は「新会社は、ミャンマー人の生活を改善する革新的な商品とサービスで社会に貢献する。(タイライフと)合弁を組むことにより、ミャンマーに必要とされるノウハウや保険の専門的知識がもたらされる」と述べた。特に個人顧客の需要を満たす商品に注力するという。

ミャンマーの保険市場には、CBインシュアランスとタイライフの合弁会社のほか、太陽生命保険と日本生命保険の生命保険2社、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険の損害保険会社3社が、地場保険会社との合弁で事業を開始することで合意している。また、第一生命と、香港のAIAグループ、スイス系のチャブ(Chubb)、カナダ系マニュライフ、英国系プルデンシャルの5社が、全額出資で生命保険事業を展開する。

11月中に見込まれる正式認可を経て、これら全ての会社が市場に本格参入する。


関連国・地域: タイミャンマー日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【変わるタイとの越境物流】「東西回廊」活性化に期待 新橋開通、相互乗り入れも導入へ(12/11)

ロヒンギャ迫害で初審理、スー・チー氏出廷(12/11)

ヤンゴン、スー・チー氏の出廷支援で大集会(12/11)

タニンダーリ、観光などへの投資誘致に重点(12/11)

EUの縫製業界支援策、労働安全などで始動(12/11)

報道の自由妨げる法の改正を=メディア団体(12/11)

登記システムMyCO、カード決済が可能に(12/11)

政府、公用車輸入の免税案を国会へ提出(12/11)

IFCが小口金融機関にガイドライン(12/11)

密輸取り締まり強化、政府と海上警察が連携(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン