台糖が太陽発電の用地入札中断、反対意見で

台湾農産業最大手の公営企業、台湾糖業(台糖)はこのほど、太陽光発電所として開発予定だった高雄市内門区の土地の入札作業を一時的に取りやめたと発表した。土地を高雄寿山動物園の拡張に充てる計画に対し、周辺住民などから反対意見が出たことが原因だという。自由時報などが伝…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 電機建設・不動産電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

機能性とサステ素材が強み 台湾・繊維イノベーション(3)(12/13)

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

達興材料が台中に新工場、封止材を生産(12/13)

19~20年の半導体設備出荷額、台湾が首位か(12/13)

群創のスマホ用タッチパネル、日系が採用(12/13)

欣興電子、中台で基板用ABFの生産拡張へ(12/13)

米HP、台湾のノートPCシェア1割超目標(12/13)

ゴゴロの電池利用二輪車、販売シェア26%(12/13)

石化の長春集団、環境対応策を推進(12/13)

義美食品、来年に台湾最大のタピオカ工場(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン