台糖が太陽発電の用地入札中断、反対意見で

台湾農産業最大手の公営企業、台湾糖業(台糖)はこのほど、太陽光発電所として開発予定だった高雄市内門区の土地の入札作業を一時的に取りやめたと発表した。土地を高雄寿山動物園の拡張に充てる計画に対し、周辺住民などから反対意見が出たことが原因だという。自由時報などが伝…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 電機建設・不動産電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

PC2社の7月売上高、強い伸び継続(13:05)

テイクオフ:先日、バスで九フン(フ…(08/11)

パネル2社が賃上げ・賞与へ 業況が好転、コロナで需要増加(08/11)

鴻海、インテルと5G専用製品を共同開発(08/11)

TSMCの7月売上高、前年比25%増に(08/11)

ノートPC5社、7月は全社増収(08/11)

聯発科技の7月売上高、過去2番目の高水準(08/11)

世紀鋼構、風力発電の基礎工場が年末完成へ(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン