訪日旅行、混乱の影響軽微 JNTO香港事務所の薬丸所長

「逃亡犯条例」改正案を発端とする社会混乱が長期化している香港。市民の海外旅行意欲の落ち込みを懸念する声が業界にはあるが、日本政府観光局(JNTO)香港事務所の薬丸裕所長は訪日旅行について「現時点で大きな影響は見られない」と述べ、人気の根強さを強調した。2019年通…

関連国・地域: 香港日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

キャセイ、輸出貨物処理費を2割引き下げ(18:38)

電力2社、料金値上げへ 燃料費増受け、負担軽減措置も(12/12)

シアヌークビル初の大型商業施設、9日開業(12/12)

新興予防医療が展開拡大 来年は日本へ、三井物産支援受け(12/12)

本土客の保険契約、4Qは減少幅縮小へ(12/12)

AIA、財閥マックスと生命保険販売で提携(12/12)

本土の生保外資出資規制撤廃、AIAに商機(12/12)

香港株のパフォーマンス予測、中国株下回る(12/12)

各行が預金金利引き上げ、年越し需要に備え(12/12)

反発、本土保険銘柄に買い=香港株式(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン