サムスンがAI半導体に軸足 非メモリー強化、CPUは断念

サムスン電子が、人工知能(AI)向け製品の開発に軸足を移している。DRAMなどメモリー事業の業績が悪化する中、次世代スマートフォンや自動運転車などへの採用が見込まれるNPU(AI向けプロセッサー)に注力し、市場の先取りを目指す。一方、米国で行っていたCPU(中…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

サムスン電子系列、インド法人を相次ぎ設立(18:48)

EマートのPB店、22日にフィリピン1号店(18:48)

SK、AI新薬開発ベンチャーに出資(18:03)

鉄道労組が20日からスト、通退勤に支障も(18:02)

テイクオフ:「酒量はどのくらいです…(11/19)

韓国バイオ「すき間」で躍進 後続薬に特化、量産体制を構築(11/19)

LINEを折半出資会社に、ネイバーとSB(11/19)

サムスンの中国売上高、1~9月期は急減(11/19)

地場の車企業が業績不振、韓国企業が買収も(11/19)

文大統領、ASEAN各首脳と会談へ(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン