電子マネーOVO、12月から振替手数料徴収

インドネシアの財閥リッポー・グループ傘下の電子マネー・ポイントサービス「OVO(オボ)」は、プレミアカードの所有者が電子マネーの残高を銀行口座に振り替える場合、12月12日から手数料として1件当たり2,500ルピア(約19円)を徴収すると発表した。テンポ(電子版)が5日伝…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

個人向け金融サービスを強化 配車グラブ、コロナ下の新戦略(22:24)

バタム石油備蓄施設の早期実現、政府が要請(21:15)

国営電力、企業向け最低料金制を年内撤廃(21:15)

電源開発計画、新型コロナで7事業が遅延(21:15)

テイクオフ:首都ジャカルタを走るK…(08/04)

7月のCPI上昇率は1.54% 5カ月連続で減速、食品が主要因(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン