オフィスの賃料差が2割超に CBDと郊外、移転や使い分けも

シンガポールの中央商業地区(CBD)と郊外でオフィス賃料の差が拡大している。CBDで需要が逼迫(ひっぱく)している一方、郊外では供給量が増えていることが背景にある。米系不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナルによると、8年間で賃料差は14ポイント拡大し、…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

複合ケッペル孫会社、廃棄物処理会社に出資(18:44)

テイクオフ:シンガポールの名物料理…(12/16)

航空産業集積や法整備で優位性 ビジネスジェットで存在感(下)(12/16)

グラブ、現代自と提携で来年からEV配車(12/16)

独系出前アプリが韓国1位買収、アジア攻略(12/16)

リーガル不動産、海外初拠点設立へ(12/16)

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(12/16)

投資公社GIC、欧州の物流不動産28軒を買収(12/16)

低硫黄船舶燃料の販売急増、規制強化控え(12/16)

新規車両登録、4カ月連続マイナス成長(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン