春秋航空、プノンペン―西安路線など就航

中国・上海市に拠点を置く同国の格安航空会社(LCC)、春秋航空は27日、カンボジアの首都プノンペンと陝西省西安、江蘇省南京を結ぶ直行便の運航を開始した。クメール・タイムズ(電子版)が30日伝えた。 春秋航空によると、両路線は毎日運航。カンボジアを訪れる中国人観光客…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

住商系がEMS工場を開所 タイ国境で、取り巻く環境改善も(12/10)

地方行政に9億米ドル、来年度予算(12/10)

コメ産業に公的支援、5千万ドルを拠出(12/10)

小口金融LOLC、中所得者照準で好業績(12/10)

野党指導者、1月初公判 EUが注視(12/10)

アンコール遺跡―バガンの直行便案が再浮上(12/10)

今年の建設投資額見通し、8割増の93億ドル(12/09)

チップモン、南部に産廃処理施設を開設(12/09)

中国企業、南東部で廃棄物発電を検討(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン