• 印刷する

豪3QのCPI0.5%上昇、低調続く

豪政府統計局(ABS)が30日に発表した2019年第3四半期(7~9月)のオーストラリアの消費者物価指数(CPI)は、前期比で0.5%上昇、前年同期比で1.7%上昇した。海外旅行やたばこ、チャイルドケアなどが貢献した。前期比では第2四半期(4~6月)の0.6%上昇から減速となり、低調が続いている。ただし、市場ではRBAが来月追加利下げする可能性は低いと見る向きが多いようだ。

市場予想も、前期比0.5%上昇、前年同期比1.7%上昇だった。

項目別では、前期比では海外旅行・宿泊施設が6.1%上昇したほか、たばこが3.4%上昇、不動産が2.5%、チャイルドケアが2.5%上昇と貢献した。一方で、果物は3.1%下落、野菜は2.5%下落、ガソリンは2%下落などとなった。ABSは、果物・野菜は下落した一方で、干ばつの影響で精肉・シーフード、乳製品などは上昇したとしている。

都市別では、◆シドニー:前期比0.5%上昇、前年同期比1.6%上昇◆メルボルン:0.5%上昇、1.7%上昇◆ブリスベン:0.6%上昇、1.9%上昇◆アデレード:0.7%上昇、1.9%上昇◆パース:0.5%上昇、1.6%上昇◆ホバート:0.5%上昇、2.2%上昇◆ダーウィン:0.3%上昇、0.5%上昇◆キャンベラ:0.7%上昇、1.8%上昇――だった。

BISオックスフォードのシニア・エコノミスト、ランドケーキ氏は、「賃貸市場と建設業の伸び悩みなど住宅部門が今回の低調な結果の背景にある」と分析した。EYのエコノミスト、マスターズ氏は、住宅賃料は年率0.4%上昇と過去最低水準が続いており、メルボルンとシドニーの供給数が大きく増えないことから今後も住宅部門は低迷が続くと予想している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:拡大する山火事を尻目に…(01/17)

豪株式、初の7000ポイント突破 米中合意好感、NZも最高値(01/17)

退職年金利回り通年13.8%、6年ぶり高水準(01/17)

APRA、リスク分析システムを取り替え(01/17)

〔オセアニアン事件簿〕豪東部降雨、山火事緩和も地滑り危機浮上(01/17)

豪主要路線のキャンセル率、カンタス約1割(01/17)

ジーンズウエストも破綻、国内ブランド苦境(01/17)

米投資ファンド大手が石炭投資撤退、豪は楽観(01/17)

豪の重質原油、船舶排出新規制で需要拡大(01/17)

WA州水道局、支払い期間短縮も割引要求(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン