• 印刷する

テイクオフ:パンダやカンガルーのロ…

パンダやカンガルーのロゴを台北の街でもよく見かけるようになった。昼時になると配送員が校門に続々と現れる高校もあるほど、台湾でもフードデリバリーサービスの普及が進んでいる。

ただ、国慶日連休中に配達員の事故が相次ぎ、彼らの過酷な労働環境が明るみに出た。地元紙の記者が配達員の体験レポを発表したのだが、10時間でオーダー8件に対し、報酬は約483台湾元(約1,700円)のみ。なかなか配達で稼ぐのは大変そう。パンダのパーカーを着て走る二輪車を見るたびに、「運転気を付けて」と心の中で呼び掛けてしまう。

ウーバー・イーツは台北で生鮮食品や日用品の配送サービスも始めるという。平日仕事で忙しい身にとっては便利になることこの上ない。だが、スマホがあれば何でも事足りてしまう生活になるにつれ、当方の運動不足も深刻になりそうだ。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日、バスで九フン(フ…(08/11)

パネル2社が賃上げ・賞与へ 業況が好転、コロナで需要増加(08/11)

鴻海、インテルと5G専用製品を共同開発(08/11)

TSMCの7月売上高、前年比25%増に(08/11)

ノートPC5社、7月は全社増収(08/11)

聯発科技の7月売上高、過去2番目の高水準(08/11)

世紀鋼構、風力発電の基礎工場が年末完成へ(08/11)

中鋼の7月出荷量、予測を16%上回る(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン