太陽光発電量、2030年に現在の8倍へ

シンガポールのエネルギー市場監督庁(EMA)は29日、同国の太陽光発電量を2030年までに、現在の約8倍に当たる2ギガワットピーク(GWp)に引き上げると発表した。持続可能なエネルギーの利用を拡大する取り組みの一環だ。 2GWpは公営住宅(HDBフラット)約35万戸の…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:12月に入ると街はすっ…(12/11)

個人情報保護法違反で摘発急増 罰金は前年9倍、企業の対応急務(12/11)

派遣労働者向け休憩所、政労使が指針策定(12/11)

ウィズメタック、地場青果卸に1億円請求(12/11)

高島屋と清水建設、ハノイの複合ビル取得(12/11)

五洋建設、地場企業との合弁事業解消(12/11)

マレーシア証券会社、従業員5%を解雇(12/11)

食料安全保障指数、2年連続で世界1位(12/11)

移民局、新センター建設で駐車場閉鎖(12/11)

【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(10月) CPI上昇率が4カ国で減速、フィリピンは5カ月連続低下(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン