開城工団の韓国企業、3割が海外移転

韓国と北朝鮮との経済協力事業である北朝鮮・開城工業団地に進出していた韓国企業のうち、3割が2016年2月の工業団地の稼働中断後にベトナムをはじめとする海外に進出したことが分かった。1割は休業するなど営業していない。 開城工団の入居企業でつくる協会によると、125社のう…

関連国・地域: 韓国北朝鮮
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本と同様に韓国も「四…(11/21)

仁川空港、拡張競争に参戦 「アジアのハブ」奪還へ大型投資(11/21)

エアプサン、仁川発着の中国・台湾便就航(11/21)

10月の訪日韓国人65.5%減、日韓対立が響く(11/21)

10月の生産者物価、4カ月連続で下落(11/21)

20年成長率、ムーディーズが2.1%と予測(11/21)

韓国のPM2.5、5割は国内要因で発生(11/21)

SKT、5G活用のVR事業に本腰(11/21)

サムスン、インドでテレビの生産再開へ(11/21)

韓国ロッテ化、投資額を43億ドルに引き上げ(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン