手放し支える3D地図、車各社が共同出資で開発

【共同】高速道路を手放しで走行できる日産自動車のセダン「スカイライン」が9月に発売された。その最新技術を陰で支えるのが、オールジャパンで開発した高精度の3次元地図だ。高度な自動運転に欠かせない基盤技術とされており、今後この地図を搭載した車が各社から発売される見…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

韓国のPM2.5、5割は国内要因で発生(17:23)

ユニクロ、国民年金の加入者数が大幅減(19:50)

静岡県、韓国最大の食品展で販路開拓へ(19:56)

AD措置を終了、日本とインドの化学品(17:01)

低い生産性、タイに追いつけ 経営改革へ「日本式」伝搬(上)(11/20)

GMOインターネットがサービス開始(11/20)

はしか流行で非常事態宣言、南太平洋のサモア(11/20)

トヨタが渋滞緩和へ実証実験 首都で第2フェーズ、AIを活用(11/20)

ユズに続く食材の販路開拓 高知県、外食産業を通じて(11/20)

昭和産業と岡谷鋼機、鉄筋加工工場が増強(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン