• 印刷する

タイ航空、東南ア6路線の廃止を検討

タイ国際航空のスメート社長は21日、ラオスやカンボジアなど東南アジア4カ国6都市とタイを結ぶ路線の廃止を検討していることを明らかにした。同日付ネーションが報じた。

検討しているのはバンコク近郊のスワンナプーム国際空港と、ラオスのビエンチャン、ルアンパバーン、カンボジアのプノンペン、ベトナムのハノイ、ホーチミン市、ミャンマーのヤンゴンの6都市を結ぶ路線。現在の運航本数は少なく、搭乗率も低いという。スメート社長は「路線が廃止となった後は、傘下の格安航空会社(LCC)タイ・スマイル航空が運航することになる」と説明した。

さらに、市場競争が激化し、航空各社が値下げによって顧客流出を防いでいると指摘し、「われわれも予約率維持に向けて事業戦略を調整する必要がある。年末まで販促に注力する」と述べた。来年の戦略については未定としたが、過去最低の価格設定をする中、事業戦略がうまく進まない場合は団体航空券でのパートナー模索やオンラインチャンネルの拡大など調整していくことも視野に入れるとした。


関連国・地域: タイベトナムミャンマーカンボジアラオス
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

【循環型経済】産廃管理、潜在リスク要因に 中央大・佐々木教授に聞く(下)(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

10月の輸出4.5%減、3カ月連続マイナス(11/22)

ラオス北西部でM6.4、バンコクでも揺れ(11/22)

企業景況感DI、上期は17に改善=グラント(11/22)

中部サラブリで工場の休業が増加=労働当局(11/22)

ホンダ、タイで電動バイクシェアの実証事業(11/22)

タイ国境からの観光客、1~11月で100万人(11/22)

ベンツ、認定中古車のオンライン販売開始(11/22)

ロールスロイス、世界限定50台モデルを発表(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン