鉄鋼タタが西部で生産縮小、車産業の不振で

インドの鉄鋼大手タタ・スチールが、西部マハラシュトラ州タラプールの冷間圧延工場の生産を縮小していることが分かった。工場の業務を統括するウジワル・デサイ氏によると、自動車業界の不振が主因だ。昨年度(2018年4月~19年3月)まで100%だった稼働率は、直近の半年間は85%…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド映画に詳しくない…(07/15)

4~6月車販売は80%減 6月乗用車は5割減、封鎖が打撃(07/15)

6月の二輪販売、39%減の101万台(07/15)

スズキ二輪、グルガオン工場から500万台出荷(07/15)

MGのヘクタープラス、135万ルピーで発売(07/15)

現代自の新型クレタ、予約の2割は農村部(07/15)

CPI上昇率、6月は6.09%上昇(07/15)

6月卸売物価2%下落、3カ月連続マイナス(07/15)

パキスタン、アフガンから印への陸路貿易許可(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン