インターコンチ、香港の客室売上高36%減に

ホテル運営世界大手の英インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)は18日、香港では社会混乱の影響で2019年第3四半期(7~9月)の客室1室当たりの平均売上高(RevPAR)が前年同期比36%減少したと発表した。サウスチャイナ・モーニングポストなどが伝えた。…

関連国・地域: 香港
関連業種: 観光社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

不動産投資見通しで首位、香港回避の恩恵(20:33)

香港中文大が授業停止 3日連続デモ、影響より深刻に(11/14)

中文大が「戦場」に、抗議活動で激しく衝突(11/14)

中国高官、近く香港訪問か=党方針を説明(11/14)

香港デモ「テロの深みに」、中国政府(11/14)

香港で民族団結自覚させよ、中国(11/14)

欧米各国、混乱収束への取り組みを要請(11/14)

キャセイ、CA労組の声明に反対表明(11/14)

優品360°、デモ隊の「報復」で72店被害(11/14)

アリババの香港上場承認、傘下英字紙が報道(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン