車生産見通しを7%引き下げ 年200万台に、国内外市場が減速

タイ工業連盟(FTI)は18日、2019年の自動車生産見通しについて、当初の215万台から7%減の200万台に引き下げたと発表した。バーツ高や米中貿易摩擦に伴い輸出向け生産が停滞しているほか、自動車ローンの引き締めでタイ国内の新車市場も縮小しているためという。9月の生産台…

関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイに来たばかりの頃、…(07/15)

日系各社がSUVを積極投入 展示会が開幕、コロナ禍で世界初(07/15)

日本から観光、9月再開も=タイ担当相が表明(07/15)

1~6月の完成車輸入、47%減の9.1万台(07/15)

モーターショーへの関心、コロナ後に上昇(07/15)

外国人兵と外交官の子感染、隔離措置を再考(07/15)

帰国者7人が感染、市中は50日ゼロ(14日)(07/15)

オレンジライン西区間入札、4社が書類購入(07/15)

日本政府のビザ発給数、19年は比人2位(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン