ウッドサイド、ブラウズLNG前進に自信

オーストラリアの石油大手ウッドサイド・ペトロリアムは、西オーストラリア(WA)州沖合のブラウズ海盆ガス田開発について、参画企業との最終合意をまとめ予定通り今四半期内に基本設計(FEED)を開始することに自信を見せた。一方で、最終投資決定(FID)は2021年前半に…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 自動車・二輪車天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ビクトリア州を除き、国…(07/15)

NSW州、コロナ規制を再強化 QLD・SAへの入境制限(07/15)

VIC州、有権者支持率が国内最低に=世論(07/15)

ANA、シドニー週3便を8月31日まで延長(07/15)

ベイン、ヴァージンの存続に1.25億$注入(07/15)

〔ポッサムのつぶやき〕浮いた海外旅費380億$、国内消費に集中か(07/15)

豪ホテル客室稼働率、9月まで20%以下か(07/15)

豪6月企業景況感、改善も完全回復は長期戦(07/15)

コロナで債務増の企業、ジュドが救済策要請(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン