日本工営、ルアンパバーンをスマート都市に

日本工営は18日、ラオス北部の古都で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産にも登録された、ルアンパバーンのスマート都市化に向けた協力の覚書を同市と結んだと発表した。 8~9日に日本で開かれた「日・東南アジア諸国連合(ASEAN)スマートシティ・ネットワーク…

関連国・地域: ラオス日本ASEAN
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

年末から電力不足危機、政府は対策に本腰(11/11)

タートルアン特区、管理事務所の起工式(11/08)

【アジアの穴場】フランス植民地時代の残照色濃く残る街 ターケーク(ラオス中南部)(11/08)

政府、消費財の輸入規制に特別班設置(11/07)

【RCEP】東南ア、成長期待に温度差 タイ経済の押し上げ効果は12%(11/07)

【NNA30周年記念座談会】アジアの30年 「あの時、その時、NNAは」(11/07)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】電動化、ASEANでじわり 本格普及は25年以降か(11/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン