• 印刷する

証取委、地場2社のIPO計画認可

フィリピン証券取引委員会(SEC)は、地場2社の新規株式公開(IPO)計画を認可したことを明らかにした。複数の地元紙が18日に伝えた。

認可したのは、飲料スタンドなどを展開するフルータス・ホールディングスと、台湾の電子機器受託製造サービス(EMS)大手の新金宝集団(キンポ・グループ)のフィリピン子会社カルコンプ・テクノロジー(フィリピン、CCPH)の2社。17日に認可した。

フルータスは10億6,200万ペソ(約22億4,000万円)、CCPHは92億8.600万ペソを調達する計画だ。公募期間はそれぞれ11~22日、11~18日となる。

フルータスは2000年に設立され、900カ所で屋台を展開している。CCPHは家電などの電子部品を受託製造している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料金融

その他記事

すべての文頭を開く

東南アの実質昇給率、20年は3~5%台(20:44)

テイクオフ:隣で商業施設を建設中の…(11/20)

通信2社の5G投資低調 対応端末など課題、4Gに注力(11/20)

ペトログリーン、パラワンで風力発電事業(11/20)

メラルコの電力供給契約延長、当局が却下(11/20)

東元、比で中国企業と電動三輪の合弁会社(11/20)

ICTSI、イロイロ港開発計画が前進(11/20)

スービック湾開発庁、自由港の橋建設開始(11/20)

キャセイランド、カビテ軽工業団地を拡張(11/20)

独アウディ、20年の販売目標は1000台(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン