• 印刷する

証取委、地場2社のIPO計画認可

フィリピン証券取引委員会(SEC)は、地場2社の新規株式公開(IPO)計画を認可したことを明らかにした。複数の地元紙が18日に伝えた。

認可したのは、飲料スタンドなどを展開するフルータス・ホールディングスと、台湾の電子機器受託製造サービス(EMS)大手の新金宝集団(キンポ・グループ)のフィリピン子会社カルコンプ・テクノロジー(フィリピン、CCPH)の2社。17日に認可した。

フルータスは10億6,200万ペソ(約22億4,000万円)、CCPHは92億8.600万ペソを調達する計画だ。公募期間はそれぞれ11~22日、11~18日となる。

フルータスは2000年に設立され、900カ所で屋台を展開している。CCPHは家電などの電子部品を受託製造している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料金融

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:届いたメッセージが一瞬…(03/30)

全土封鎖のうわさ否定 大統領府、外出制限に「効果」(03/30)

セブ州で終日自宅待機、制限強化(03/30)

日本、東南ア7カ国からの入国制限を強化(03/30)

中銀、新型コロナで外為取引規制など緩和(03/30)

比大統領が自主隔離、閣僚が感染者と接触(03/30)

新型コロナ感染者1418人に、死者は71人(03/30)

朝日インテック、セブ工場停止で代替生産(03/30)

景気刺激策は「非優先」、財相が言及(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン