インドネシアとCEPA合意 来年発効、鉄鋼・自動車に恩恵

韓国とインドネシアは16日、包括的経済連携協定(CEPA)で事実上妥結した。来年上期中にも正式に発効する見通し。韓国はすでに東南アジア諸国連合(ASEAN)との自由貿易協定(FTA)を結んでいるが、今回の2国間協定で関税撤廃の範囲はさらに拡大することになる。とり…

関連国・地域: 韓国インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者、1週間ぶり100人超(12:05)

テイクオフ:現代自動車が中古車市場…(10/22)

【韓流新時代】コロナで進化するK―POP SNS戦略が奏功、投資家も注目(10/22)

約40日ぶりに確認、24人目のコロナ感染者(10/22)

新型コロナ感染者数、91人増加(10/22)

9月生産者物価、7カ月連続でマイナス成長(10/22)

コロナ再拡大の9月、83万人分の雇用喪失(10/22)

9月のスマホ販売40万台、前月比13%減(10/22)

個人の国債投資を誘導、金利上乗せ優遇も(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン