• 印刷する

ケソンの超臨界圧火力発電所、正式稼働

フィリピンのケソン州マウバンで15日、超臨界圧石炭火力発電所が正式に稼働した。出力は45万5,000キロワット(kW)で、投資額は526億ペソ(約1,105億円)。マニラブレティンなどが16日伝えた。

同発電所は配電最大手、マニラ電力(メラルコ)の発電部門、メラルコ・パワージェン(Mジェン)とタイ同業エレクトリシティー・ジェネレーティング(EGCO)の完全子会社による合弁会社、サン・ブエナベントゥラ・パワー(SBPL)が建設。ルソン島のベースロード電源となる。

同発電所で発電した電力について、SBPLはメラルコと20年間の売電契約を結んでいる。同発電所は9月26日から商業運転を開始していた。建設は韓国の大林産業と三菱商事のコンソーシアムが受注し、ボイラーなどは三菱日立パワーシステムズ(MHPS)製が採用された。

Mジェンのロヘリオ・シンソン最高経営責任者(CEO)は「高効率、低排出の石炭火力発電技術を使用しており、二酸化炭素(CO2)の排出量削減、発電所の効率向上につながり、少ない石炭でより多くの発電が可能だ」と説明した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

マニラ首都圏、16日以降も制限緩和を維持(19:55)

テイクオフ:某米系動画配信サービス…(07/16)

コロナで電子決済2.4倍 現金払い社会、急速に変化(07/16)

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ禍続く(07/16)

コロナ感染新たに1392人、累計5万8850人(07/16)

比、閣僚3人目コロナ感染(07/16)

コロナ軽症・無症状者、隔離基準を厳格化(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン