• 印刷する

ケソンの超臨界圧火力発電所、正式稼働

フィリピンのケソン州マウバンで15日、超臨界圧石炭火力発電所が正式に稼働した。出力は45万5,000キロワット(kW)で、投資額は526億ペソ(約1,105億円)。マニラブレティンなどが16日伝えた。

同発電所は配電最大手、マニラ電力(メラルコ)の発電部門、メラルコ・パワージェン(Mジェン)とタイ同業エレクトリシティー・ジェネレーティング(EGCO)の完全子会社による合弁会社、サン・ブエナベントゥラ・パワー(SBPL)が建設。ルソン島のベースロード電源となる。

同発電所で発電した電力について、SBPLはメラルコと20年間の売電契約を結んでいる。同発電所は9月26日から商業運転を開始していた。建設は韓国の大林産業と三菱商事のコンソーシアムが受注し、ボイラーなどは三菱日立パワーシステムズ(MHPS)製が採用された。

Mジェンのロヘリオ・シンソン最高経営責任者(CEO)は「高効率、低排出の石炭火力発電技術を使用しており、二酸化炭素(CO2)の排出量削減、発電所の効率向上につながり、少ない石炭でより多くの発電が可能だ」と説明した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

日系企業、新興ITに照準 成熟度見極め、法整備は前進(11/15)

中銀が政策金利据え置き、3会合ぶり(11/15)

ヨマに比アヤラが出資、不動産・金融で協業(11/15)

コメの輸入規制撤廃を維持、財務省(11/15)

地場オリオン、エネ事業で米B&Mと提携(11/15)

「悪行税」法案、年内の上院通過に期待(11/15)

タイ製車両に輸入制限、たばこ紛争報復で(11/15)

外資投資の伸び、東南ア首位=ア開銀(11/15)

ジョリビー、中国に「添好運」の合弁設立(11/15)

ア開銀、自治体の能力向上に3億ドル(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン