• 印刷する

NEC、地場社とオンデマンドバス実証実験

NECとSWATが共同で開発したオンデマンドバスアプリ「アリー」の画面(NEC提供)

NECとSWATが共同で開発したオンデマンドバスアプリ「アリー」の画面(NEC提供)

NECのアジア統括会社NECアジアパシフィック(本社・シンガポール)は16日、シンガポールの交通系スタートアップのミニストリー・オブ・ムーブメント(SWAT)と、需要に応じて柔軟に運行するオンデマンドサービスの実証実験を行うと発表した。NECがオンデマンドバス事業に着手するのは今回が初という。

SWATと共同開発したスマートフォン向けアプリ「アリー(Ally)」を通じて21~24日に実施する。対象地域は、中心部ドビー・ゴート、ブギス、クラーク・キー、カンポン・グラム、湾岸部マリーナ・ベイのほか、複合施設サンテック・シティー、カジノ統合型リゾート(IR)マリーナ・ベイ・サンズ周辺。SWATのバスが最大で4台運行する。

アリーは、NECが開発した人工知能(AI)を用いた目的地リコメンデーション技術と、SWATの需要に応じてバスの運行ルートを算出するダイナミック・バス・ルーティング技術を組み合わせて誕生した。

目的地リコメンデーション技術では、利用者の年齢、性別、興味、現在地、利用時刻をAIが分析し、バスの降車地点として商業施設や飲食店などを自動でお勧め(リコメンデーション)する。アプリの利用者は、リコメンデーションの中から降車地点を選ぶことでオンデマンドバスを予約できる。

NECアジアパシフィックの広報担当者はNNAの取材に対し、「当社は交通分野を注力領域の一つに定めている。SWATとの協業もその一環だ」と語った。

オンデマンドバスサービスの商用化については、まだ具体的に検討する段階ではないと説明した。実証実験の結果をみながら、NECのAI技術を交通分野に生かす方法を模索していく考えを示した。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:総選挙日の10日に写真…(07/13)

本当の議会政治へ第一歩 総選挙、有権者意識に変化(07/13)

総選挙、与党勝利も野党が議席上積み(07/13)

長瀬産業、東南アジア初の食品素材ラボ開設(07/13)

通信IPS、現法に2億円増資(07/13)

国際海運センター発展指数、7年連続で首位(07/13)

空港業務SATS、コロナで4Q赤字に(07/13)

クーパン、シンガポールHooqの資産買収(07/13)

衣料テックのジリンゴ、追加リストラ(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン