中国スマホが台湾市場で攻勢、4レンズ売り

中国スマートフォンブランド各社が、4つのレンズ搭載を売りにした新機種の投入で台湾でのシェア拡大を狙っている。台湾市場は韓国サムスン電子と米アップルが5割近くのシェアを握るが、中国勢も年末の機種交換の需要期を狙い、販売攻勢をかける。16日付中央通信社が伝えた。 「…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

台湾の国泰金、マヤパダ銀の出資比率51%に(21:38)

国発会、向こう4年の成長率目標3.4%(19:36)

テイクオフ:「アミ族は運動神経も良…(07/14)

航空貨物運賃、高値維持へ 旅客輸送の再開本格化が鍵に(07/14)

長栄航空の旅客数、3カ月連続で9割超減(07/14)

台カ、海運貨物市場が3Qに反転上昇へ(07/14)

長栄海運、無担保転換社債を海外初発行(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン