• 印刷する

東南アジアの成長率予測、5カ国で下方修正

国際通貨基金(IMF)は、東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国のうちベトナムを除く5カ国の2019年の経済成長率の見通しを、4月発表の改定値から引き下げた。シンガポールを含む3カ国を大幅に下方修正した。

IMFは15日に発表した世界経済見通し(WEO)で、シンガポールの19年通年の国内総生産(GDP)成長率を0.5%と予測。4月発表の予測値から1.8ポイント下方修正した。

新興5カ国全体は、0.3ポイント低下の4.8%と、5%を割り込む予想を示した。タイの成長率を0.6ポイント低下の2.9%、フィリピンを0.8ポイント低下の5.7%と予測したことが大きい。

ベトナムは改定せず、従来見通しの6.5%を維持した。

20年の成長率についても、ベトナムを除く5カ国で引き下げた。


関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

サプライチェーンの多国間協力、中国も参加(07/03)

国内外4社、炭素利用・貯留システムで提携(07/03)

新規感染169人、計4万4479人(3日)(07/03)

欧州の生命科学系VC、アジア拠点を開設(07/03)

グラブ、独禁法違反で300億ルピアの制裁金(07/03)

阪急阪神不、ハイフォンの物流倉庫に出資(07/03)

日系14%の入国承認、制限緩和第2期に(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

与野党が選挙討論会、雇用問題で意見対立(07/03)

総選挙は経済・雇用対策焦点、与党に追い風(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン