• 印刷する

テイクオフ:19歳少年の快挙である…

19歳少年の快挙である。日本に拠点を置くフィリピン人のカルロス・ユロ選手が、ドイツで開かれた体操の世界選手権の種目別男子「ゆか」で金メダルを獲得した。フィリピン選手では初だ。表彰台の真ん中で、両隣の選手よりも小柄ながら笑顔が光っていた。

マニラの国際空港に凱旋(がいせん)帰国すると、報道陣や空港で待ち受けていた人たちに囲まれた。「信じられない」。涙ながらにそう語る母親の姿が、地元のテレビ局から飛び込んできた。決して裕福ではない自宅の映像からは、親子の苦労が透けて見える。

素人ながら、ユロ選手の演技は床の上の芸術と呼ぶにふさわしかった。「こんな演技は絶対できない」。体操競技を見ると、そう感じざるを得ない。脅威の身体能力は、脅威の精神力でもある。鏡に映ったメタボリック一直線の自分の体に、別の意味で「脅威」を感じた。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:結婚年齢が若い当地の人…(11/21)

三菱グループが住宅開発加速 中心部でコンド、郊外に低価格物件(11/21)

NEXCO中日本、海外初の現法設立(11/21)

エアプサン、仁川発着の中国・台湾便就航(11/21)

炭鉱セミララ、エネ省が採掘停止命令(11/21)

AG&P、ガス輸送でノルウェー同業と提携(11/21)

東南アの実質昇給率、20年は3~5%台(11/21)

ACエナジー、サンバレスで太陽光発電(11/21)

東南ア訪日者24%増、全ての国で2桁成長(11/21)

LRT1号線、値上げ遅延で4億ペソ損失(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン