• 印刷する

モスがベトナム人材採用へ、出店「可能性」

ファストフードチェーン「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは15日、2020年から4年間でベトナム人350人以上を採用すると発表した。国立ダナン観光短期大学(ダナン市)と提携し、日本が4月に創設した在留資格「特定技能」の取得を支援する教育プログラムを今月に開始。ベトナムにはまだ進出していないものの、「将来的な出店の可能性」(広報担当者)がある。

ダナン観光短期大学内に、モスバーガー店舗での業務を早期に習得するためのカリキュラム「モス・フードビジネス・カレッジ(MFC)」を開設。日本語の語学研修、外食技能研修と合わせた原則12カ月の教育で、受講生は修了後、ベトナム国内で外食業向けの特定技能試験を受験する。合格者をモスフードが受け入れ、モスバーガーをはじめとするグループの店舗に就業してもらう。

外食業向けの特定技能試験は日本で実施されており、11月には初の国外試験がフィリピンで実施される予定。ベトナムではこれから準備が進む見通しだ。同社は、ベトナムで試験に合格した人を採用する方針で、初年度となる今年は50人に教育まで施し、来年夏ごろに試験合格者が初来日すると想定している。プログラム受講生が増えていった場合、他社への就業者紹介も検討する。

以降、毎年100人ずつ採用し、23年までに累計350人が日本のグループ店舗で働くことになる。特定技能ビザの有効期限は5年間で、就業者が帰国した後は、アジアで展開するモスバーガーでの就業の機会を提供する。

モスバーガーの海外店舗数は、今年9月末時点で378店舗。台湾が266店と最多で、以下シンガポール(39店)、香港(26店)、韓国(15店)、中国(14店)、タイ(8店)、オーストラリア(6店)、インドネシア(4店)。ベトナムは、モスバーガーで使用するエビ製品の最終加工地となっているが、店舗はまだ置いていない。

広報担当者はNNAに対し、「(ベトナムへの店舗開設は)将来的な可能性があるものの、具体的な計画はない」と説明した。


関連国・地域: 台湾ベトナム日本
関連業種: 食品・飲料サービス雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

VJCC塾生、広がる輪 経営改革へ「日本式」伝搬(下)(11/21)

三菱グループが住宅開発加速 中心部でコンド、郊外に低価格物件(11/21)

伊藤忠エネクス、カーライフ事業を越展開(11/21)

ベトジェット、外銀と152億円の協調融資(11/21)

中古旅客機、製造10年超えは輸入禁止(11/21)

奇力新が越に生産移管、20年上期に完了(11/21)

FLCホームズ、1株1.5ドルで12月上場へ(11/21)

東南アの実質昇給率、20年は3~5%台(11/21)

SCIC、シエンコ5の株40%を売却へ(11/21)

東南ア訪日者24%増、全ての国で2桁成長(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン