• 印刷する

テイクオフ:親族の疑惑を抱える曺国…

親族の疑惑を抱える曺国(チョ・グク)法相が辞任表明した。政権支持派と反対派の「デモ合戦」が繰り広げられるなど、世論が真っ二つに分かれた事態もこれで終息に向かう可能性が出てきた。

若者からは「交通網がマヒするデモなんてまっぴらだ」と歓迎ムードが高まる。そもそも20代は曺国問題に対する関心度が低い。ソウル市によると、今月実施されたデモに占める20代の参加者の割合は、支持派集会で8.5%、反対派集会で4.6%にすぎなかった。朴槿恵(パク・クネ)前政権の退陣を求めた「ろうそく集会」での参加者割合(約20%)を大きく下回った。

若者は、曺国氏の疑惑や検察改革の問題が解決したところで「自分の将来には直接関係がない」との思いがあるようだ。罵倒し合う今回のデモ合戦に若者は何を感じたのか。心の中は、鬱屈した感情が充満しているに違いない。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本と同様に韓国も「四…(11/21)

仁川空港、拡張競争に参戦 「アジアのハブ」奪還へ大型投資(11/21)

エアプサン、仁川発着の中国・台湾便就航(11/21)

10月の訪日韓国人65.5%減、日韓対立が響く(11/21)

10月の生産者物価、4カ月連続で下落(11/21)

20年成長率、ムーディーズが2.1%と予測(11/21)

韓国のPM2.5、5割は国内要因で発生(11/21)

SKT、5G活用のVR事業に本腰(11/21)

サムスン、インドでテレビの生産再開へ(11/21)

韓国ロッテ化、投資額を43億ドルに引き上げ(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン