• 印刷する

外国人の保有可能な住宅、下限60万リンギに

マレーシアのリム・グアンエン財務相は、2020年度国家予算案に盛り込んだ、都市部で外国人が保有可能な高層住宅の下限価格を来年から60万リンギ(約1,550万円)に引き下げる計画について、「対象は売れ残った住宅に限る」と明らかにした。高層住宅の供給過剰問題の解消が狙いで、完成前の新規プロジェクトは対象外という。14日付マレーシアン・リザーブなどが伝えた。

リム氏は、下限価格を現状の100万リンギから引き下げる対象は「発売済みで、マレーシア人が購入しなかった物件」と説明した。外国人保有を認める住宅価格の下限引き下げに絡み、マハティール首相は「不動産を購入した外国人に市民権を与えるわけではなく、外国人は購入した住宅を休暇に別荘として利用することになる」とコメントした。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

トライトンの6モデル目発売 三菱自、来年販売20%増狙う(11/15)

「独身の日」の利用、マレーシアが域内最多(11/15)

国内総人口は3263万人、19年9月末時点(11/15)

5Gサービス開始は21年に遅延も、フィッチ(11/15)

RM1=26.1円、$1=4.16RM(14日)(11/15)

EUのバイオ燃料規制、WTO提訴を延期(11/15)

ブルサ、来年の新規上場は40社見通し(11/15)

エアアジアX決算、3Qは赤字幅が拡大(11/15)

外国人に大型二輪の運転認可、観光省が要請(11/15)

不動産UEM、豪複合ビルを売却へ(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン