首都の巨大防波堤建設、民間企業が撤退

インドネシアの首都北部のジャカルタ湾に巨大な防波堤を建設する「首都圏湾岸統合開発計画(NCICD)」事業から、民間企業が撤退していたことが12日までに分かった。ジャカルタ特別州政府は、公共事業・国民住宅省と共同で、民間企業が担当するはずだった区画の建設を引き継ぐ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ECのテレビ広告費、1~9月は12%増(14:06)

テイクオフ:日曜朝、ジャカルタのあ…(11/12)

進む高齢化、地域共生で対策 東南ア「発展途上の老い」(上)(11/12)

ごみ返送、実は他国に転送か 環境団体が抗議、政府は否定(11/12)

JCB、民間最大手BCAとクレカ発行(11/12)

いすゞ、小型トラック「トラガ」を来月輸出(11/12)

産業用の特別電気料金、来年導入を計画(11/12)

首都圏LRT、商業運転開始目標は21年6月(11/12)

長距離鉄道、来年から早く買うほどお得に(11/12)

ガラスやプラごみ輸出規制、来年7月から(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン