• 印刷する

テイクオフ:フィリピンの首都の生活…

フィリピンの首都の生活環境を調査した2つの国際的なリポートが注目を集めている。一つはスイスのIMDなどが発表したスマート都市ランキングで、マニラの順位は102都市中94位で東南アジア最低となった。ドイツ銀行が先に発表した生活環境に関する調査でも、56都市中で3番目の低さという残念な結果が示された。

前職では、取材を通じてマニラの劣悪な生活環境を何度も目の当たりにした。現政権が開始した違法薬物の撲滅キャンペーンなどにもかかわらず、観光客が足を踏み入れられない危険な地域も依然残る。

改善に向けた取り組みはあるものの、いまだ不十分だ。中央政府から配分される予算を有効活用するとともに、国際機関が指摘するような最新技術の活用が必要だろう。「東洋の真珠」とも称されるマニラの真価が存分に発揮されることに期待したい。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:朝テレビを付けると20…(11/12)

進む高齢化、地域共生で対策 東南ア「発展途上の老い」(上)(11/12)

完成車輸入に制限措置要請 100万台流入、雇用損失を危惧(11/12)

三菱自、累計生産が70万台に(11/12)

FDI純流入額、1~8月は40%減=中銀(11/12)

基準外鋼材流入で実態調査へ、貿産省(11/12)

フェデックス、ア太地域拠点の移転否定(11/12)

実業家ルシオ・タン氏の息子が死去、53歳(11/12)

共用通信塔の建設進む、年内に500基着工(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン