【躍動する地方都市】クアンニン、外国投資が拡大 「日本企業を第一に」=省投資局

世界遺産ハロン湾を有する北部クアンニン省へ外資の投資先拡大が見込まれている。昨年末に高速道路が開通し、ハノイから省都ハロン市までは2時間強で結ばれた。インフラ整備を背景に投資先としての魅力を高めている。NNAは同省進出のパイオニア企業、ハーネスの矢崎や日本企業…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ソリマチ、会計から農業支援 持続可能な農業へ日系の挑戦(下)(10/23)

ベトナム航空、今月国内4路線の運航再開(10/23)

バンブー航空、台北路線を再開(10/23)

トゥエンクアン高速、公共投資に変更提案(10/23)

超短期滞在の入国容認へ、72時間の商用目的(10/23)

バスの利便性向上へ、ハノイ市が計画公布(10/23)

仁宝とシスコ、法人向け5G分野で提携(10/23)

韓国富栄、ベトナム住宅事業で拡大路線(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン