IT税「利益率10%超」有力、売上高で各国配分

【共同】経済協力開発機構(OECD)は9日、巨大IT企業などの過度な節税を防ぐ国際的な規制「デジタル課税」の骨格案を公表した。世界規模でサービスを提供する企業の一定水準を超える利益を課税対象とし、各国での売上高に応じて税収を配分する方向だ。骨格案には示されてい…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

SBIが地場子会社化、銀行事業に再参入(10/17)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】一帯一路の自動車生産(10/17)

【アジアインタビュー】 アジアに未来あり、アイリスオーヤマの大山晃弘社長(10/17)

都市再生機構、NSW州と契約 西シドニー開発を本格支援(10/17)

トヨタ、タイで定額リースサービスを開始(10/17)

東南アジアの訪日者、9月は21%増と好調(10/17)

みずほ銀が予算セミナー「投資誘致に力点」(10/17)

【アジアの本棚】『専門知は、もういらないのか ──無知礼賛と民主主義』(10/17)

富士フイルム、地場病院と乳がん研修で提携(10/17)

千代田化工、契約先が損害賠償増額求め提訴(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン