印が関税削減容認も、セーフガード導入が条件

【ニューデリー共同=佐藤大介】日本や中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉で、インドが緊急輸入制限(セーフガード)導入を条件に関税削減を容認する姿勢に転じ、態度を軟化させつつある。ただインドから貿易…

関連国・地域: ベトナムインド
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:1年ぶりに訪れた中国・…(10/17)

コニカミノルタが新モデル オフィス製品拡充、2桁成長狙う(10/17)

富士フイルム、地場病院と乳がん研修で提携(10/17)

病院メディカバー、事業拡大に40億ルピー(10/17)

華為のサブブランド、インドTV市場に参入(10/17)

廃車政策、商用車市場への恩恵薄く=格付社(10/17)

RCEP妥結には相当な努力必要=豪貿易相(10/17)

中国の電動二輪、インド進出に期待高まり(10/17)

非主要港の開発、政府が委員会を設置(10/17)

塗料バージャー、建設化学品STPを買収(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン