• 印刷する

テイクオフ:クアラルンプール北郊に…

クアラルンプール北郊にある巨大な岩山の洞窟「バトゥケーブ」。ヒンズー教の聖地とされ、多くの観光客が訪れる。市内からは電車で40分ほど。週末を利用して足を延ばしてみた。

洞窟の入り口前にそびえ立つ巨大な黄金の神像が圧倒的なインパクトを放つ。洞窟に連なる272段の階段は原色に彩られ、まさにインドそのもの。洞窟の中には神々の像や小さな寺院があり、神秘的な雰囲気を醸し出していた。

マレーシアの人口にインド系が占める比率は7%。これは隣国のシンガポール(9%)と大差ない。ただ全体の約7割がマレーシアではマレー系、シンガポールでは華人と、マジョリティーが入れ替わる。共通点も多い両国だが、当然、文化的な差異も少なくない。間もなく終える2カ月余りの出張生活。以前暮らしたシンガポールとの違いをそこかしこに感じる日々だった。(葛)


関連国・地域: マレーシアシンガポールインド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ビート、ジョ州に現地法人設立(07/17)

隣国往来、ビジネス・公務は週に上限400人(07/17)

テイクオフ:アフターコロナの「新常…(07/16)

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ禍続く(07/16)

隣国往来再開に日系は関心薄 現時点では利点見えず(07/16)

給与補助金の受給企業公表へ、不正防止策で(07/16)

RM1=25.1円、$1=4.26RM(15日)(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン