• 印刷する

《日系進出》日系の新興アグリテック、南部に現法設立

テックスパーク2019に出展した(サグリ・ベンガルール提供)

テックスパーク2019に出展した(サグリ・ベンガルール提供)

衛星から得る情報を使って農地の価値を評価し、収穫量の最大化などを支援する新興企業サグリ(SAgri=兵庫県丹波市)のインド現地法人サグリ・ベンガルールは、インドでの活動を本格化している。今月11~12日に南部ベンガルール(バンガロール)で行われたスタートアップや企業幹部、投資家などが集まる「テックスパーク2019」に出展し、自社のサービスをアピールした。

サグリ・ベンガルールは、日本貿易振興機構(ジェトロ)・ベンガルール事務所が推進する「日印スタートアップハブ」の支援を受けた日系スタートアップでは初となる現地法人を9月5日に設立した。土壌診断データと人工衛星データを活用し、農家には土壌に即した効率的な作付けを、金融機関には信用調査の手間を省いた効果的な融資先の開拓を、それぞれサポートする。現法設立に伴い、これまで日本を中心に行っていた研究開発(R&D)機能をベンガルールに移行するほか、現地の事情に精通したインド人技術者を積極的に採用する。

サグリ・ベンガルールの最高戦略責任者(CSO)である永田賢氏はNNAに対し、「今月から、土壌診断を西部アーメダバードでも行う」と説明。日本の農水省が同地で行っている、日本の農業技術(種苗、農業機械、農薬、肥料など)をインドに提供し、生産性や品質向上を目指すJ―メソッズ・ファーミング(JMF)の土壌調査に参加する。同社の土壌調査はこれまでベンガルールが中心だった。

今後の見通しについて永田氏は、「年内までに当社のサービスを活用した実績を作りたい」とコメントした。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:三大カーンもすごいが、…(07/14)

グーグルが100億ドル投資 デジタル化促進、AI活用などに(07/14)

通信ジオ、米クアルコムからも資金調達(07/14)

ITタタ、今年も新卒4万人採用(07/14)

電気バスのPMI、5年後見据え技術開発(07/14)

本年度は4.5%のマイナス成長、商工会調査(07/14)

格付け低下の企業、今月9日時点で3900社超(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン