アヤラ子会社のミ島発電所売却、競争委承認

フィリピン競争委員会(PCC)は、財閥アヤラ・コーポレーションの発電子会社ACエナジーが保有する、北ラナオ州カウスワガンの石炭火力発電所(総出力55万2,000キロワット)の権益を米企業プロバーブス16に売却することを認可した。10日付マニラスタンダードが伝えた。 プロバ…

関連国・地域: フィリピン米国
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

外出制限の緩和、見通せず 医療逼迫、感染拡大も続く(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

新型コロナ、新たに8767人感染(04/23)

コロナ感染、増加ペース鈍化続く(04/23)

比の経済回復はワクチン接種次第、ア開銀(04/23)

フィリピン航空、コロナ陰性証明アプリ試験(04/23)

ジムや商業施設、ワクチン接種会場に(04/23)

ワクチン接種の医師、コロナ感染で死亡(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン