アヤラ子会社のミ島発電所売却、競争委承認

フィリピン競争委員会(PCC)は、財閥アヤラ・コーポレーションの発電子会社ACエナジーが保有する、北ラナオ州カウスワガンの石炭火力発電所(総出力55万2,000キロワット)の権益を米企業プロバーブス16に売却することを認可した。10日付マニラスタンダードが伝えた。 プロバ…

関連国・地域: フィリピン米国
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ほとんどみんな辞めち…(09/28)

コロナ感染30万人超え 収束めど立たず、検査拡大も要因(09/28)

コロナ感染新たに2995人、計30万4226人(09/28)

22年選挙の実施順守を、大統領府(09/28)

EVサミット、環境車導入を協議(09/28)

EV産業、資源が強みに=貿産相(09/28)

仲裁判断「受け入れず」、中国大使(09/28)

新マニラ空港、税優遇は危険=NGO(09/28)

クレカ金利に上限、11月から年24%(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン