• 印刷する

TOTO、北京東陶の生産終了

TOTOは9日、北京市の連結子会社、北京東陶が運営する衛生陶器工場の生産を9月末で終了したと発表した。

同工場は1994年にTOTOグループが中国で初めて設立した衛生陶器の生産拠点。便器や洗面台を生産していたが、工場周辺で宅地化が進行し、北京市が2018年に発表した都市開発計画では住宅用途地域に指定されたため、工場の生産終了を決めた。TOTOの広報担当者によると、運営会社の北京東陶を今後どのようにするかは現在検討中という。

TOTOは北京東陶のほか、アジア地域に7カ所の衛生陶器生産拠点がある。北京東陶の生産分はこれらの拠点に振り分け、中国市場での供給を維持していく。

北京東陶には、TOTOの中国法人、東陶(中国)と三井物産、北京金隅集団の3社が出資している。同担当者によれば、TOTOが過半数の権益を保有している。


関連国・地域: 中国-北京日本
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:弊社が入居するオフィス…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

テイクオフ:ラグビーW杯日本大会で…(10/22)

保険業界、収益の多様化急ぐ 3Qの本土客契約は2桁減に(10/22)

成長率失速は受け入れ可能 発展の「質」重視、発改委が強調(10/22)

「保険通」具体案発表、据置年金など対象に(10/22)

企業の社保負担軽減、通年で3800億元超(10/22)

ヤンゴン空港の旅客数、1~9月は6.5%増(10/22)

50項目超の国家標準制定、EC商品品質など(10/22)

中国経済の減速、電子製品輸出の成長に影響(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン