• 印刷する

テイクオフ:一時帰国する度に、良く…

一時帰国する度に、良くも悪くも「日本らしさ」を感じる。例えば、接客の丁寧さには感動する一方で、急いでいるときには「適当でいいから早くしてほしい」と思ってしまう。調和を大切にする国民性は素晴らしいが、意見を主張しにくい雰囲気に生きづらさを感じることもある。

先日、半年ぶりに帰国して一番驚いたのは、過剰な商品の個包装だ。スーパーの菓子コーナーでは、箱は大きいのに中身がほぼ入っていない商品を何度も見かけた。洋服を購入した際には、一枚ごとに梱包しようとする店員に「そのままで大丈夫です」と思わず声を掛けた。

日本と比較してシンガポールの商品の包装は簡易的だが、これで今まで困ったことはない。日本ではオリンピックに向けて整備が進められていると聞いた。世界に良い印象を与えられるよう、この機会に過剰包装を見直してみてもよいかもしれない。(真)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:例年、秋から年末にかけ…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

企業数、2年で2倍超に拡大 HRテックビジネス活況(上)(10/22)

空中タクシーの発着場、独社が世界初公開(10/22)

東南アジアのネット購入額、25年に3倍超(10/22)

富士通、2者と最適化・深層学習で共同研究(10/22)

シンガYCH、北部の物流施設を来年着工(10/22)

国立大学と2社、データセンター冷却で提携(10/22)

クラウド市場、年率2割成長=調査結果(10/22)

デジタルワレット、送金事業に参入(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン