• 印刷する

テイクオフ:パキスタンと領有権を争…

パキスタンと領有権を争うジャム・カシミール州の自治権はく奪が、貿易問題にまで飛び火する可能性がある。発端は、マレーシアのマハティール首相が先月行った、国連総会での演説だ。

「自治権はく奪により同州を侵害した」と示唆し、同州を「国」と表現したことなどに、インド国民の一部が反発。インド政府に対して、パーム油などのマレーシアからの輸入を停止するべきだと声を上げはじめた。事態が深刻化すれば、インドがマレーシアと交渉中の自由貿易協定、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)にも影響を及ぼしかねないとの見方もある。

しかし、インドは通常、貿易に政治問題を持ち込むことはしない。これが、インドが中国との貿易を続けている理由であり、今年2月までパキスタンを最恵国(MFN)税率の対象としていた理由でもある。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

テイクオフ:21日は、オフィスの入…(10/22)

産業大動脈、整備進行 大型開発で日系企業の参加に期待(10/22)

アダニの空港事業、1800億ルピー投じる計画(10/22)

エアアジア、印の北東部から4都市に定期便(10/22)

インドのM&M、ピックアップで市場参入(10/22)

エアインディア民営化、来月に入札開始(10/22)

駐車場にEV充電スペース、南部州が検討(10/22)

商用車VECV、BS6への対応に自信(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン