• 印刷する

テイクオフ:首都ジャカルタを縦貫す…

首都ジャカルタを縦貫する都市高速鉄道(MRT)が開通して半年。市民の足としてすっかり定着したが、あちらこちらで「撮影会」が開かれている。物珍しさなのか、日常の風景に溶け込んだ証拠か。

地下駅の入り口付近で記念写真をパシャ。ホームに入る電車を前にパシャ。電車から降り階段付近で友達同士が集まって自撮り写真をパシャ。そんなに珍しいものかしら、と思いながらも、一緒になって電車や駅をあちこち撮影している、ほとんど観光客のような自分が他人をどうこう言えた義理ではないが。

タイの友人に写真を送ったところ「開業から半年たっているのに、駅も車両もきれいですね」と感心された。その裏にはシンガポールのごとき違反者に対する罰金が設定されているのだが、そのことはあえて言うまい。フォトジェニックには裏があるのだ、友よ。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

テイクオフ:首都ジャカルタの都市高…(10/22)

最大野党の党首が政権入りか ゴジェック創業者も初入閣へ(10/22)

ホンダ二輪現法、9月の完成車輸出3.4万台(10/22)

インドのM&M、ピックアップで市場参入(10/22)

首都の道路料金徴収システム、来年導入へ(10/22)

国営4社、ラオス―ベトナムの鉄道建設へ(10/22)

国営電力、パプア3カ所で再生エネ発電(10/22)

繊維業界、中国などからの古着輸入禁止要請(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン