• 印刷する

テイクオフ:日本では10月からの消…

日本では10月からの消費税引き上げに伴い、キャッシュレス決済への注目が高まっている。ポイント還元により消費の落ち込みを防ぐと同時に、非現金決済を広く普及させたい政府の意向がみてとれる。

現金払い一辺倒だった筆者がキャッシュレスに移行したのはインド駐在がきっかけだ。日本に先んじてキャッシュレス化に力を入れている同国では、少額の買い物でもカードやスマートフォンアプリで決済する人の姿が目立つ。

インドでキャッシュレスが進んだ理由の一つは現金の使い勝手の悪さだ。手あかや汗でクタクタになった紙幣は正直受け取りたくない。万一、破れた紙幣を受け取ってしまった場合、他で使えない可能性がある。つり銭をごまかされる心配も常につきまとう。逆に言えば、紙幣の質が良く、秩序だった日本だからこそキャッシュレスの普及が遅れているのかもしれない。(須)


関連国・地域: インド日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外出規制強化に逆戻りも マニラ首都圏、感染再拡大で(07/17)

コロナ下で安定操業が継続 ティラワ、新たに2社が進出へ(07/17)

循環経済元年、廃プラに商機 輸入制限の拡大で日本に影響(07/17)

テイクオフ:タイ北部チェンマイ名物…(07/17)

神鋼環境、強まる規制商機に 日系が挑む越の水処理事業(上)(07/17)

ドンキ、KL中心部に初出店へ(07/17)

ANA、東京―ホーチミン市便を8月再開へ(07/17)

衛生用品サラヤ、インド同業買収(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン