• 印刷する

MRT第2期区間は総延長11.5キロ、11駅に

インドネシアの首都ジャカルタの都市高速鉄道(MRT)を運営するMRTジャカルタはこのほど、3月に開通した第1期区間(総延長15.7キロメートル)を北部に延伸する第2期工事について、現在の始発駅である中央ジャカルタのブンダラン・ホテルインドネシア(HI)から北ジャカルタ・コタまでの当初計画(6.3キロ)をさらに延伸し、西ジャカルタ・アンチョールの車両基地(デポ)までの5.2キロメートルを追加すると発表した。これにより、第2期区間は総延長11.5キロとなり駅数は11駅となる。

HI―コタを「第2期A」、コタ―アンチョールを「第2期B」に分けて建設する。A区間7駅は全て地下、B区間の4駅は地上に設置される。2024年半ばの完工、同年末の運行開始を目標としている。デポの建設用地は19.5ヘクタール。

これらはMRTジャカルタのウィリアム社長が9月26日にジャカルタで開催されたフォーラムで明らかにした。ウィリアム社長は「国際協力機構(JICA)は既に追加区間の事業化調査を行う準備をしている」と述べた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

テイクオフ:首都ジャカルタの都市高…(10/22)

最大野党の党首が政権入りか ゴジェック創業者も初入閣へ(10/22)

ホンダ二輪現法、9月の完成車輸出3.4万台(10/22)

インドのM&M、ピックアップで市場参入(10/22)

首都の道路料金徴収システム、来年導入へ(10/22)

国営4社、ラオス―ベトナムの鉄道建設へ(10/22)

国営電力、パプア3カ所で再生エネ発電(10/22)

繊維業界、中国などからの古着輸入禁止要請(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン