【為替マーケット分析】二つの懸念で振られた豪ドル

■これまでの動き 先週の豪ドルは、9月24日に0.6806米ドルの高値をつけた後、25日に0.6739米ドルまで下落したが、週を通じて動意に乏しかった。 東京勢不在の23日、「(中国代表団が米農家視察を急遽中止したのは)交渉難航が理由ではなく、協議では良い結果を得られている」「…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリア・ニュー…(11/14)

豪3Q賃金上昇、2.2%に減速 来年はさらに低調か(11/14)

豪準備銀総裁、今月末に量的緩和実施の布石か(11/14)

経済浮揚には豪ドル安が必要=豪準備銀(11/14)

〔オセアニアン事件簿〕豪東部山火事、一部で放火の疑いも(11/14)

豪11月消費者マインド、前月の下落から回復(11/14)

クリスマス商戦は低調か=豪小売調査(11/14)

不動産エコワールド、豪開発事業初の上棟式(11/14)

現代自、米・豪のエコカー市場攻略へ(11/14)

小売大手とガソスタ、コンビニ店にブレーキ(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン