サッカーで民族交流、在日ロヒンギャ

【共同】ミャンマーで迫害されているイスラム教徒少数民族ロヒンギャの難民問題を巡り、群馬県館林市や周辺の同民族の若者らがサッカーチームをつくり、在日の他民族と試合を始めた。今後はミャンマーで多数派のビルマ民族チームとも対戦予定。メンバーは「宗教や民族が違っていて…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

中銀、海外人材派遣会社に送金免許を付与(11/22)

双日など日本連合、通信網受注 70億円、華為・KT連合に競り勝つ(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

新資格の宿泊、ミャンマー試験合格率は36%(11/22)

スー・チー氏がハーグへ、国際司法裁への提訴受け(11/22)

ヤンゴンのスマート駐車場、料金徴収へ(11/22)

タイ国境からの観光客、1~11月で100万人(11/22)

ネピドー活性化目指し、197区画を払い下げ(11/22)

建設省、韓国工業団地用地への立入りを禁止(11/22)

独メトロ、GAP認証農家と顧客引き合わせ(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン