サッカーで民族交流、在日ロヒンギャ

【共同】ミャンマーで迫害されているイスラム教徒少数民族ロヒンギャの難民問題を巡り、群馬県館林市や周辺の同民族の若者らがサッカーチームをつくり、在日の他民族と試合を始めた。今後はミャンマーで多数派のビルマ民族チームとも対戦予定。メンバーは「宗教や民族が違っていて…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新たな感染者3人確認、累計321人=10日朝(07/11)

5月インフレが4%台に低下 食品価格が前月割れ(07/10)

19年インフレ率、企業4割の昇給率上回る(07/10)

韓国のNH農協銀、ヤンゴンに駐在員事務所(07/10)

国営鉄鋼所の再稼働、タイなど5社が名乗り(07/10)

スー・チー氏、ILOバーチャル会議で講演(07/10)

新たな感染者2人確認、累計318人=9日朝(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン