• 印刷する

経済区庁と国立大、職業訓練大を設置へ

フィリピン経済区庁(PEZA)と全国の国立大学34校は、産業界が必要とする職業訓練プログラムを実施する特別経済区専門学校(SEZI)を設置する内容の覚書に調印した。マニラブレティン(電子版)が9月29日伝えた。

SEZIの設置は、技術教育技能開発庁(TESDA)、高等教育委員会(CHED)、科学技術省、地方自治体、産業団体が連携する。世界で競争できる労働者の育成を図っていく狙いがある。

まずは訓練センターとしての役割を担い、経済区の一種として大学キャンパス内に設置される「知識・イノベーション・科学・技術(KIST)団地」へと転換していく。PEZAのプラザ長官は「SEZIは産業界が求める人材を育てるため、専門訓練、技術・職業訓練を提供していく」と説明した。 

フィリピン国立大学・専門学校協会(PASUC)のティルソ・ロンキリョ会長は「ITを活用した第4次産業革命が起こりつつある中、SEZIは研究支援の役割を担うことにもなる」と話した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:まだ学生のころ、マルコ…(09/22)

マニラ南北鉄道、開通へ前進 メガワイド連合、第2期を受注(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

コロナ感染新たに3475人、計29万190人(09/22)

大統領、国連総会で初演説へ(09/22)

ナウ子会社、第4の通信会社に(09/22)

中小向け融資1千億ペソ超え、中銀(09/22)

中銀の流動性支援、1.4兆ペソ規模に(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン