• 印刷する

LG化学とSKイノ、法廷闘争が過熱

電気自動車(EV)バッテリーの技術流出を巡って係争中のLG化学とSKイノベーションが対立を深めている。事態が泥沼化すれば競争力が削がれ、中国勢など競合他社に差をつけられる恐れもある。

LG化学は26日(現地時間)、米国際貿易委員会(ITC)と米デラウェア州の連邦地方裁判所にSKイノベーションを提訴した。自社が保有する安全性を強化したセパレーター(分離膜)「SRS」の米特許3件と、正極材の米特許2件をSKイノベーションが侵害したと判断した。

これを受けてSKイノベーションは29日、「内容を分析し厳重に対応する」との立場を表明した。両社はセパレーターの特許争いをめぐり、14年に訴訟を中断することで合意。今後10年間、同特許に関して争訟をしないことで同意していたが、今回の訴訟がこれに反するかどうか精査する。

今年に入り両社の法廷闘争は過熱している。LG化学は今年4月、自社の技術者をSKイノベーションが引き抜いて営業機密を盗み出したとして、ITCとデラウェア州地方裁判所に同社を提訴。対するSKイノベーションも6月、LG化学を相手取ってソウル中央地方裁判所に名誉毀損(きそん)による損害賠償請求訴訟を起こすなど、両社の関係は悪化の一途を辿っている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

データセンター事業が急成長 クラウド需要増、アジア2位狙う(14:38)

コロナ感染者、8カ月ぶり500人超(14:12)

テイクオフ:韓国随一の予備校街とし…(11/26)

JNCがSKと有機EL合弁 事業特化、日韓の強み生かす(11/26)

コロナ感染者382人、2日連続で300人超(11/26)

プノンペン商銀の社債、流通市場で取引(11/26)

11月の企業景況感78、製造業が改善(11/26)

韓国GMの賃金交渉、38万円支給などで妥結(11/26)

サムスン電子、天津のスマホ研究拠点を閉鎖(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン