• 印刷する

LG化学とSKイノ、法廷闘争が過熱

電気自動車(EV)バッテリーの技術流出を巡って係争中のLG化学とSKイノベーションが対立を深めている。事態が泥沼化すれば競争力が削がれ、中国勢など競合他社に差をつけられる恐れもある。

LG化学は26日(現地時間)、米国際貿易委員会(ITC)と米デラウェア州の連邦地方裁判所にSKイノベーションを提訴した。自社が保有する安全性を強化したセパレーター(分離膜)「SRS」の米特許3件と、正極材の米特許2件をSKイノベーションが侵害したと判断した。

これを受けてSKイノベーションは29日、「内容を分析し厳重に対応する」との立場を表明した。両社はセパレーターの特許争いをめぐり、14年に訴訟を中断することで合意。今後10年間、同特許に関して争訟をしないことで同意していたが、今回の訴訟がこれに反するかどうか精査する。

今年に入り両社の法廷闘争は過熱している。LG化学は今年4月、自社の技術者をSKイノベーションが引き抜いて営業機密を盗み出したとして、ITCとデラウェア州地方裁判所に同社を提訴。対するSKイノベーションも6月、LG化学を相手取ってソウル中央地方裁判所に名誉毀損(きそん)による損害賠償請求訴訟を起こすなど、両社の関係は悪化の一途を辿っている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日取材で「政治コンサ…(04/15)

製薬5社がワクチン第3臨床 下半期めど、治験制度に課題も(04/15)

コロナ新規感染、6日ぶりの700人台(04/15)

3月の就業者31万人増、コロナ後初のプラス(04/15)

企業の設備投資3.3倍、半導体など増設続く(04/15)

政府が大学改革、AIなど専門人材育成へ(04/15)

ミャンマー進出銀行、駐在員の帰国拡大(04/15)

現代自の牙山工場が再稼働、減産台数2050台(04/15)

サムスンSDI、米EVリビアンに電池供給(04/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン