• 印刷する

テイクオフ:オフィスの最寄り駅周辺…

オフィスの最寄り駅周辺がなんとも表現しづらくなった。数カ月前までは通勤途中に半屋外のタイ料理店や屋台が点在する下町的な雰囲気があった。胃を刺激する油の臭いはきついが、朝からせっせと働く人々の姿もあった。ところが、相次いで店の立ち退きが進み、街の臭いが消えた。

レストランの跡地にはマンションが建設されそうだが、昨今の不動産市況の悪化からか工事は進んでいない。屋台があった場所は改装工事中で、最近ラーメン店の看板がかかった。近隣には外国人でにぎわうバーや居酒屋があり、競合もないため目の付け所は良さそうにも思える。

人によっては隣駅を「バンコクの青山」と呼ぶのに対して、最寄り駅のある地区は「落ち着いた住宅街」と言う。それだけ端的に表現するのが難しいのだが、通い慣れた街だけにどう発展させるのか気にかけている。(京)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外国人の物件購入、依然堅調 タイ不動産市場の最新展望(下)(10/18)

3空港の高速鉄道、民間の契約解除可能に(10/18)

ホンダ、タイ製「CB300R」を今月発売(10/18)

テトラパック、東部工場で太陽光発電開始(10/18)

ガソホール91の販売停止、協会がエネ相支持(10/18)

ラオス・タイの通信合弁、5Gを導入準備へ(10/18)

タイ住宅開発大手、ミャンマー進出を計画(10/18)

トゥルー、数カ月以内に5Gを試験的に開始(10/18)

華為がスマート機器発売、商品レンジ拡大へ(10/18)

違法ソフト使用、1~6月に200件超摘発(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン