• 印刷する

テイクオフ:建国70周年の国慶節(…

建国70周年の国慶節(建国記念日)が1週間後に迫った。1949年10月1日、中国共産党の毛沢東主席が、北京の天安門で中華人民共和国中央人民政府の発足を宣言し、中国の新しい歴史が始まった。

さて、建国以来、中国の首都は北京に置かれ、憲法にも「首都は北京」と明記されている。建国からわずか4日前の49年9月27日に開催された中国人民政治協商会議の第1期全体会議が「五星紅旗」の国旗採用などとともに、「中華人民共和国の国都を北平と定める。北平を即日、北京に改称する」と決議し、北京が公式に首都に決まった。

そう、この決議まで、北京は中華民国国民政府時代の「北平」のままだった。首都になる以上、「京(みやこ)」の字を含む元の「北京」に戻すべきとなったのだろう。建国70周年に先駆けて、今週金曜日には「北京復活」70周年の節目がやってくる。(蓬)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここ数年、車載電池大手…(07/13)

マカオ、香港との「健康コード」先送りも(07/13)

6月の新車販売11.6%増 過去最高、回復の勢い鮮明(07/13)

TSMCの6月売上高、過去最高を更新(07/13)

エクアドルの輸入エビ、コロナ検査で陽性(07/13)

タタ自の世界販売、4~6月は64%減(07/13)

北方での洪水にも警戒、国務院の常務会議(07/13)

ラーガン、3Qは「大半の顧客が発注減」(07/13)

米、対中第2段階「ない」=貿易協議(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン