南部に医療インフラ拠点、日本輸出で初

【ニューデリー共同】日本企業がインドの医療環境整備に向け、先進のITを活用して薬や機器の在庫、輸送を管理する物流センターを、来年4月にも南部チェンナイに設けることが21日、分かった。安倍政権が成長戦略に掲げるインドへの医療インフラ輸出が実現するのは初めて。13億人…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:肺炎を引き起こす新型コ…(02/28)

新型肺炎で家電に品薄の恐れ 部品供給が減少、3月販売に影響(02/28)

三菱電機、政府系医療施設で昇降機64台受注(02/28)

大統領がインド訪問、覚書6件締結予定(02/28)

今年の自動車販売は0.5%増=ムーディーズ(02/28)

独ブローゼ、電動車両用部品の生産を検討(02/28)

トヨタがHVヴェルファイア発売、795万ルピー(02/28)

アポロタイヤ、米投資会社から108億ルピー(02/28)

ビスタラ、3月の国際線54便をキャンセル(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン