• 印刷する

インドネシア、汚染廃プラを豪・NZに返送

インドネシア政府はこのほど、輸入されたごみコンテナの中にリサイクル不可能な汚染された廃プラスチックが多数混入していたとして、輸入先のオーストラリアとニュージーランド(NZ)に廃プラを送り返すことを明らかにした。オーストラリアへは、コンテナ100個が返送される予定。NZには近くコンテナ5個分の廃プラが届く予定で、同国の環境省が具体的な数を含めた詳細を調査中だ。地元各紙が伝えた。

インドネシア政府によると、オーストラリアから輸入した廃プラにも圧縮されたジュースや牛乳などの使用済み飲料ボトルが混在していたとして、コンテナを順々に返送するとしいう。第一弾として9個のコンテナが近くシドニーに到着予定。

廃プラを巡っては、最大の受け入れ先だった中国が昨年、輸入を禁止してから、インドネシアを含む東南アジアが受け皿となってきたが、インドネシア政府は「世界のごみ捨て場になるつもりはない」と反発し、規制を強化している。

■NZ廃プラ、おむつも混入

NZのセージ副環境相によると、廃プラは使用済みおむつや、その他混入されるべきでない材料で汚染されていた。廃プラはNZに到着後、国内でリサイクルされる予定だが、リサイクルできなかった分については、埋め立て処理される見通しという。

セージ副環境相は今回の件を受け、「我々は今後、廃棄物の削減に努めるほか、使えなくなった製品からより多くの材料を回収し、国内で再利用、再処理できるよう取り組んでいく」とコメントした。


関連国・地域: インドネシアオーストラリアニュージーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

テイクオフ:大型台風が日本を襲い、…(10/22)

豪政府、インフラ開発進まず 割り当ての6%のみ拠出(10/22)

NSW州、GST課税範囲拡大など提言へ(10/22)

経済刺激は労使関係改善で=豪財務相(10/22)

〔政治スポットライト〕豪世論調査、与党保守連合のリード維持(10/22)

豪政府、中小企輸出増へ補助金枠組見直し(10/22)

デジタルワレット、送金事業に参入(10/22)

〔ポッサムのつぶやき〕豪主要紙1面真っ黒、報道自由制限に抗議(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン